乳牛と酪農を科学する

乳牛と酪農を科学する

乳牛の栄養や酪農システムについて大学教授がつぶやきます

お休み絵本

父さんのマフラー

予想外の展開でジーンときました 父子で読むと絆が深まる良いお話しです

魔女と女の子

明るいけどどこかおっかない魔女と女の子のハラハラ物語 魔女の楽しいスーパーマーケットが登場します。

恐竜モノ

久しぶりに恐竜モノをチョイス 男の子は、やっぱりこれ系が大好き

ノーモア・ヒバクシャ会館

自宅の近所にある原爆資料館についての絵本 そこを訪れたことのあるムスコ君、いろいろと考えたようです

フシギで頭が疲れる本

逆さまな世界のお話し 頭がこんがらがりました…

ホネホネたんけんたい

絵本だけでなく、実写本もいいものです 楽しく、ホネについて学べました

雪むすめ

子のいないおじいさん、おばあさんが雪でつくったむすめのしんみりしたお話しでした

今年、最初の一冊

ムスコ君がチョイスしたのは、少し怖くて、悲しいお話しでした

楽しみな夜

サンタクロースが来てくれるか楽しみ過ぎるムスコ君が選んだ今日の絵本 クリスマスを締めくくる雪のファンタジー

しんみりあったか子ネコちゃん

クリスマスシリーズ、最後の絵本 メンコイ子ネコちゃん女の子のお話しでした

僕だってもらいたい

子供たちに夢を配ってばかりのサンタさん なぜだか寂しい気持ちになります そんな時は歌って踊ると元気になります サンタさんがなぜ寂しかったのか、親子で考えてみるのも楽しい絵本です

絵本もクリスマスモードに突入

久しぶりに図書館で本を借りてきました クリスマスモードに突入です

クリスマスモードに突入

図書館ではクリスマス特集が 保育園の子どもたちが冬眠するクマ先生とクリスマスを祝います 最後のヒミツに気付けるかどうかが、この作品のポイントです

ついに1000冊

札幌市でやっている絵本マイスターで記録を取り始めてから、ついに1000冊にたどり着きました! 年長から始めて3年間、ガンバったね、ムスコ、否オレ(^^)v もうしばらく、一緒に読書を続けよう

字たっぷり絵本

最近、文字多めの絵本にシフトしてきました ムスコ君、小人の国、あるかもしれないと言ってました メンコイ 良い仕事をして心地よい疲れの夜に

おじいちゃんが初めて食べたソーセージ

おじいちゃんと弟が初めて食べたソーセージの思い出 思いがけず戦争の影もチラつきます 孫がおじいちゃんから聴く昔の子どものお話し

出張前の一冊

今日もばばばあちゃん ばばばあちゃんは遊びと料理の天才、子どもたちに大人気です 数日お別れなの手か、しばし読み納めです

焼き芋、食べたーい

ばばばあちゃんシリーズはどれも楽しいです 焼き芋を作って食べたくなる絵本でした

大阪弁の野球絵本

大阪弁になりきって読むのがポイントでした。ムスコ君、大笑いの一冊

お月さんの木

シュールな作品を出している長 新太さんは僕の好きな絵本作家です。 読後、「はっきり言うよ。こんな木あるわけないから。作り話だよ」とムスコ君

しんぼうづよくがんばってミルクをゲット

ネコの母さんが子猫のためにミルクをゲットしようと、しんぼうづよく月を追いかけます。 動物がいっぱい出てきて、ムスコも楽しそうでした。

ガンコじいさんフクロウとお母さん

ガンコじいさんフクロウが、お母さんのことを思ってホーホーとなきます 子どもと大人では、読後感が違うでしょう

さびしんぼなかいじゅうガハハ

シャイでやさしいかいじゅうのガハハとオランウータンの女の子トトのお話し 読後、ムスコと恋バナに発展

キツネが続きます

今日もじいさんとキツネの友情もの 独り身のじいさんは友達もいなくて寂しいのかな それで、キツネを友達にする?! 明日は我が身?

メンコイ子ぎつね

久しぶりの絵本。ごんじいと男の子に化けた子ぎつねの楽しい1日です 1000冊まであと42冊

雷さま

カミナリたちは、へその実を食べていますが、本当はホンモノのへそを食べたいのです

絵本の中の絵本

別れた友だちと逢える不思議な絵本屋さん チョッピリ、フシギなお話しでした。

怪談絵本

お盆休みで休館のため久しぶりの図書館。 夏なので怪談絵本特集がありました。 ムスコが読むと言うので借りましたが、後悔した様子でした(^^;)

広島の原爆

平和駅に隣接する被爆者会館を次男と訪れた際に借りてきた絵本。 あまり重たい内容ではなかったですが、ムスコはため息をついていました。

ラスカル

スターリングが父さんやラスカルと別れる場面で、ムスコくん涙がこぼれ落ちました