乳牛と酪農を科学する

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳牛と酪農を科学する

乳牛の栄養や酪農システムについて大学教授がつぶやきます

サイロとサイレージ

乳牛 農場 飼料

おばんです。

今日もデータ解析に悪戦苦闘しました。おもしろい結果が見られたもの、全く結果が現れなかったもの、様々でした。

 

これまでサイロの話しをいくつかしてきましたが、サイロとはどんなものなのか出来上がりのサイレージも含めて紹介します。

サイロとサイレージ

私どもの農場ではバンカーサイロといって、このようなコンクリートの壁に囲まれた区画をサイロとして使っています。

 

f:id:dairycow2017:20170207203113j:plain

 

この中に、青々とした牧草やトウモロコシを詰め込みます。

 

f:id:dairycow2017:20170207204241j:plain

 

 詰め込んだら、トラクタで踏みつけ、空気を追い出します。そうすることで、酸素がなくなり腐敗をもたらす菌の活動が抑えられます。逆に、嫌気的条件下を好む乳酸菌の活動が活発になります。

f:id:dairycow2017:20170207203601j:plain

 

 詰め込みが完了したら、シートをかぶせ、タイヤの重しを載せて密封してやります。嫌気状態を確保することが重要です。これで、牧草中に含まれる乳酸菌が活動を開始します。強力な酸である乳酸が蓄積することで、pHが低下し、長期保存が可能になります。

f:id:dairycow2017:20170207204641j:plain

 

数ヶ月して開封すると、緑色だった牧草屋トウモロコシが見事に変色し、甘酸っぱいリンゴのような香りのするサイレージの出来上がりです。私には日本酒の吟醸香と同じような匂いに感じます。

f:id:dairycow2017:20170207204956j:plain

 

これをTMRミキサーという機械に投入し、穀物や添加剤と一緒に混合します。混合されたものをTMR (Total Mixed Ration:完全混合飼料)とよびます。

f:id:dairycow2017:20170207210123j:plain

 

おいしそうにウシがTMRを食べています。食べる量は1頭あたり40~50kg/日にも達します!サイレージの品質や、TMRのアレコレについては、これから少しずつ紹介していきたいと思います。

f:id:dairycow2017:20170207210313j:plain