乳牛と酪農を科学する

乳牛と酪農を科学する

乳牛の栄養や酪農システムについて大学教授がつぶやきます

お休み絵本

魔法使いがそり遊びをします

魔法使い親子が楽しくそり遊びします

久しぶりの絵本

用事ついでに図書館に寄りました チョー久しぶりに絵本を借りてきました ムスコ君も喜んでいました 北海道にゆかりのあべ弘士さんの作品

ボノロン

セブンイレブンに置いてあるフリー絵本のボノロン なかなか心温まるストーリーです

おじいさんと可愛いネズミたち

優しいおじいさんと孫息子のお話しに、メンコいネズミたちも楽しい、手の込んだ作品でした。 作中の母さんに、父子ともに声を揃え「うちのお母さんと同じだー」と笑ってしまいました(^^;)

うわばみの正体がわかる絵本

うわばみと役者のたのきゅうの化け比べ うわばみの勘違いが 楽しい昔話です

おばけよりこわーい絵本

夜更かししていると、おばけよりこわーいモノが出ますよ おばけよりコワいモノってなんだろう? 父も同感でした、息子クン

こわーい絵本

夏なので怪談絵本が特集されていました これが、怖いのなんのって 息子クン、眠れたかな?

チョー久しぶりの絵本

市立の図書館が緊急事態宣言で長期閉館だったため、チョー久しぶりに絵本を借りてこれました。 メンコいお化けたちに、息子も楽しんでいました。 絵本タイムで、お休み前にリラックス

生殖を学ぶ絵本

畜産分野では繁殖学といいますが、ヒトの世界では性教育といわれる分野の絵本でした オーストラリアの作品です ムスコ君、興味深そうに聴き入っていました 公立の図書館、いつ再開するかな…

ヒグマはアイヌ語でキムンカムイ

白老のウポポイに行ってからアイヌの文化に興味を持ち出したムスコ君 今日はキムンカムイの親子のお話しでした

タネの勉強になります

たまには子どもっぽいのでも読もうかとディズニー ところが、種について学べる理科チックな物語でした

標茶町は牛のマチ

「本の中にはな、人の生き方を かえてしまうほどの ふしぎな力を 持っているもんも あるんだ」と移動図書館のおっちゃんが、ぼうずに語ります ぼうずには化かされてサプライズも楽しめました

花を植えるおじいさん

おばあさんに先立たれたおじいさんの夢はかなうのでしょうか 少ししんみりするお話しでした

ネコは気楽?

ママに怒られてばかりのハルコちゃん ネコは怒られないし気楽というけど、実際にネコになってみると… ムスコくんも、母さん、父さんが大好きだそうです

春休みの絵本

今日からムスコくんは春休み 2年生、最後の水泳教室で8級に受かりました。25メートル、32秒で泳いだとのこと。おめでとう! 魚のクークーは、泳がず、エベレストを飛び越えます

キンギョと海水浴

女の子とキンギョのあかさんが海水浴に行きます ちょっとナンセンスで楽しいお話しでした

旅する渡り鳥

カエルのピータンと渡り鳥のパーチクのお話し 淡々としたタッチの良作品でした 外国行きたくなりました

教科書の作品を楽しむ

小2の国語の教科書にのっているスイミー 絵があると新鮮で楽しかったようです

あいさつ大事

明日から、少し長めの出張のため絵本はひとまずお休み あいさつできない子、小2だといますね~

自尊心より大切なモノに気付かせてくれるお話し

プライドの高い鬼が、ひょんな失敗からプライドが傷つき、人前に出られなくなります ムスコ君も、鬼の気持ちがよくわかると何度もうなずいていました 最後に鬼が気づいた自尊心より大切なモノは何だと思いますか? 今まで読んだ絵本の中でベスト3に入る作品…

蚊になった鬼の子

鬼がヒトを食うのは、キメツで始まったことではないのです 心優しく、悲しい鬼の子のお話しでした

牛若丸

弁慶との五条大橋での出会いは胸躍りました 昨年の秋、家族で訪れた京都、賀茂川を思い出しました

幼稚園の園長先生

子どもっぽいお話も、まだまだ楽しく聞いてくれています いつまでかな~

オランダのウシ

オランダの運河に落ちてあこがれの街まで旅をする雌牛のヘンドリカのお話し オランダに行きたくなりました

外の世界に一歩踏み出すことの素晴らしさ

いじめられっこのニワトリが、鳥小屋を出て旅に出ます。コンフォートゾーンから踏み出すと素晴らしい世界が広がっています。勇気の湧いてくる素敵な物語でした

クスッと笑えるメンコイ絵本

いろんな笑える帽子がたくさん出てきます かわいい絵もなごみます

父さんのマフラー

予想外の展開でジーンときました 父子で読むと絆が深まる良いお話しです

魔女と女の子

明るいけどどこかおっかない魔女と女の子のハラハラ物語 魔女の楽しいスーパーマーケットが登場します。

恐竜モノ

久しぶりに恐竜モノをチョイス 男の子は、やっぱりこれ系が大好き

ノーモア・ヒバクシャ会館

自宅の近所にある原爆資料館についての絵本 そこを訪れたことのあるムスコ君、いろいろと考えたようです