乳牛と酪農を科学する

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳牛と酪農を科学する

乳牛の栄養や酪農システムについて大学教授がつぶやきます

自尊心よりも大切なもの

おばんです。 明日から日本畜産学会で神戸大です。神戸には昨年、家族旅行で私の両親と子供3人と妻の合計7人で行ってきて以来です。 今回の学会は、自分の発表に加え、3演者分の座長(司会)、関連学会での講演(この準備がキツかった)、共同で研究している…

ホルスタイン種乳牛の乳量:北海道酪農検定検査協会の「平成28年(2016) 年間検定成績」

おばんです。 今日も気合いで朝から仕事!と早朝外に出てみると。。。なんと雪が積もっているではありませんか! 久しぶりの雪かきでした。 今週末から日本畜産学会で神戸ですが、あちらはもう桜が咲いているのでしょう。日本は南北に長いことを実感した朝で…

卒業式当日に、牛乳の値段を考える

おばんです。 今日は大学の卒業式。これから、札幌のホテルで卒業パーティーです。 私が指導するルミノロジー研究室は7人の卒業生を送り出しました。みな、それぞれの進路へ巣立っていきます。企業に勤める者、海外へ留学する者、実家に戻って牛飼いをする者…

Dairy Tech Conference 2017: バンコクで酪農を学ぶ

おばんです。 バンコクは暑いです。そして、熱いです。 道路にはバイクがあふれ、道ばたには屋台が食を売って歩きます。晩ご飯を食べた庶民の食堂では、生水で洗いましたという生の野菜やハーブが付け合わせで供されます(辛さが中和されてすっきりしました)…

乳牛のエサ設計:タンパク質の4

WBC 日本vsオランダ 昨日の中田はよう打った~ 宮西のピンチを救った増井の日ハムリレーもすごかった! ******* 今日からバンコク出張のため、成田空港に来ました。 接続便の関係で空き時間が豊富にあるので、仕事に励んでいます。職場にいるとヒトと…

乳牛のエサ設計:タンパク質の3

おばんです。 今日は次男との空手教室。またもや全身バッキバキです。入門したてにもかかわらず、仮初段扱いにしてもらえて黒帯が届きました。高校以来の空手再開で動きはさび付いていますが、先に入門し10級からこつこつと昇級している皆さんに申し訳ないの…

乳牛のエサ設計:タンパク質の2

おばんです。 羽田空港からの更新。 長ーい、2日間の旅を終えようとしています。 疲れたけど、息子の経験として何か残ってくれればうれしいです。 さて、今日は頑張ってタンパク質栄養の第2弾です。 ルーメンとタンパク質 ここまで、タンパク質の構造につい…

乳牛のエサ設計:タンパク質

おばんです。 ブログタイトルでは乳牛と酪農を科学するとうたっていますが、日々の雑感が多く、あまりアカデミックな話しになっていませんでした。少し反省して、酪農科学の学びについても触れたいと思います。 まずはしばらくご無沙汰していた乳牛のエサ設…

大都市パリで農業畜産を満喫!: Salon International de l'Agriculture

暖かくなってきました。 今年は雪解けが早くて楽です。 次男が通い始めた空手教室に、今日から私も参加することにしました。高校時代に3年間やっていたとはいえ、久しぶりで身体が全然動きませんでした。わずか1時間の稽古で全身グッタリです。。。 最近運動…

国産牛肉?和牛?輸入牛肉?

おばんです。 先日、十勝若牛のローストビーフについて触れました。 dairycow2017.hatenablog.com たまたま牛肉つながりで、昨日の日本農業新聞の1面にこんな記事が出ていました。 ホル雄肉手堅い需要(日本農業新聞20170301) 「輸入牛肉と競合するなど減産…

圧倒的な集中力で仕事をした日

おばんです。 今日は晩ご飯を食べながら、家族で「ズートピア」の続きを観ました。 十勝若牛のローストビーフ 今日の晩ご飯、先日の清水町出張土産の十勝若牛のローストビーフをいただきました。十勝若牛はホルスタインの雄牛の肉です。通常のホルスタイン雄…

冬なのに夏バテの話し ウシは暑さに弱い?!

おばんです。 明日は娘の誕生日会です。9歳です。だんだん大人っぽくなってきた娘。 明日の日中は誕生日プレゼントを買いに街に出かけようかな。 ちょっとおしゃれなお店でランチにしようかな。 ワクワク 今日は仕事に集中しすぎて頭が回らないです。プレミ…

エサの乾物含量が大切な話し ジンギスカンを買うときにも使える乾物含量の考え方!?

おばんです。 まさかのアクセス0だった数日前、酔った勢いで男と女、夫婦の話について、個人情報も交えながら書きました。いつも拝見しているブログの方にコメント書いたりしているうちに気持ちが盛り上がってしまって、「どーせ読む人もいないからいいべ~…

エサの評価 このエサの品質は良いの?悪いの?

おばんです。 町内の排雪が入りました。 内地の方にはわからないかもしれませんが、札幌では年に1回、巨大な重機がガリガリと雪を削って町内の隅々までキレイに雪を持って行ってくれます。通常の除雪とは異なります。 道路脇の雪の壁がきれいさっぱりとなく…

泌乳の生理

おばんです。 今日は酪農ヘルパーとして働く方たちに講義をしてきました。毎年、この時期に2回の講習が主催され、講師として招かれています。 今回は2コマの講義だったので、1コマ目を泌乳の生理と搾乳手技について、2コマ目を世界の酪農について話をしまし…

酪農セミナー参加:帯広

おばんです。 ブログ、面白いです。 月間のPVが100を超えたとのこと。 人気のブログからすれば吹けば飛ぶような数字だけど、こういったことがあまり得意でない中年のおじさんが書いたニッチブログなので、本当にありがたいことです。訪れてくれた方、星を…

酪農家の労働時間

昨日、ゼミ学生の1人と面談をしました。3年生のこの時期に、卒論と進路について話しを聞くために毎年実施しているものです。 H君は真面目な好青年で、実家は近郊の街で酪農経営をしています。卒業後は家業にすぐ入るか、一旦外で働くか、検討中ということで…

サイロとサイレージ

おばんです。 今日もデータ解析に悪戦苦闘しました。おもしろい結果が見られたもの、全く結果が現れなかったもの、様々でした。 これまでサイロの話しをいくつかしてきましたが、サイロとはどんなものなのか出来上がりのサイレージも含めて紹介します。 サイ…

乳牛のエサ設計:小麦粉のエサ利用

おばんです。 明日は飼料設計の見直しをしなければいけません。農場の牛群の飼料設計を見なおすタイミングはいくつかあります。 飼料設計見直しのタイイング 最も多いのは牧草やトウモロコシを保存しているサイロを使い切って、次の新しいサイロを開封すると…

人口密度と飼養密度

おばんです。 昨日、今日と、東京出張で街なかを歩いていて、人と3回接触しました。 皆、歩きスマホの人たちです。 札幌では、ヒトとの接触はほとんど経験したことがありません。 東京の人口密度が大きいことを実感します。 東京の人口密度についてすごいと…

乳牛を使った研究

おばんです。 今日はミャンマー人のMさんの研究結果の解析に手間取り、クタクタになりました。 乳牛を使った研究、特に飼養試験といって飼料やサプリメントの評価試験はきれいな成果の出にくい分野になります。 統計処理 あるエサを食べさせたウシと、食べさ…

乳牛のエサ設計 エネルギー編

おばんです。 昨日は、炭水化物を中心にエネルギーについて話しました。今日はその続きです。 総エネルギーと代謝エネルギー 昨日の後半で、①ご飯と牧草あるいは②生米と炊いたご飯、どちらがエネルギーが多く含まれているでしょうか、という問いをしました。…

乳牛のエサ設計

おばんです。 私の専門は乳牛の栄養学です。研究と業務の双方にまたがる大事な仕事が乳牛のエサ設計(レシピを作ること)です。 今日から何回かエサ設計についてまとめてみようと思います。 エサ設計の基本は ウシが必要とする栄養素を過不足なく与えること…

ウシはどれくらい乳を産み出すのか

おばんです。 今日は乳生産について触れたいと思います ウシはどれくらいの乳を生産するのでしょうか。 先週あった農場ミーティングでは本学のウシたちの平均乳量が報告されて、約32kg/日でした。 牛乳パック32本分です。今度スーパーの牛乳売り場に行ったら…

グラスサイレージ開封(2016年産)

牛のエサ設計の見直しをしました。 ウシのエサ設計(メニュー)はこまめに修正します。特に、エサのロットが大きく変わったときには大幅な見直しになります。エサのメニューが変わると、途端に体調を崩すウシがいたり、乳量が減ってしまったりするので、気の…

ヒトが草を食べるとどうなるのか??

先日のエントリー「エサとサプリ、どちらが良いのか?」を書いて、妻に読んでもらいました。書き慣れていないので、コメントをもらいたくて(^^ ) そうしたところ、妻からは「まあいいんじゃないの」との温かいお言葉をいただきましたが、会話の中で、「じゃ…

エサとサプリ、どちらが良いのか?

卒論発表会を来週に控え、当研究室でも学生とディスカッションする時間が増えています。 ある学生の卒論は、飼料添加剤を乳牛に給与した場合に乳生産が向上するかどうかを調べるといったもの。ヒトと同じで乳牛も添加剤(サプリメント)を与えることがありま…

こちらルミノロジー研究室

前から始めたかったブログを始めます。 私の研究生活は、学生時代のめん羊を用いた研究から始まり、今の職場に勤めてから乳牛に研究対象が移り、25年近くになります。この間に学んできたこと、研究に関すること、酪農生産の現場で見聞きする疑問点、私の研究…